記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年7月号 158ページ〜161ページ(ページ数:4)

タイトル

収量が増える 障害が減る サトイモの水田栽培

偶然から生まれた水田栽培、大成功

執筆者・取材対象: 鍛治屋公貴

地 域: 鹿児島県さつま町



サンプル画像


見出し

●水が豊富で稲作が盛ん●隣の田から水が染み出してきた! その後は……●サトイモは水を好む!?●研究も進んだ