記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年6月号 158ページ〜163ページ(ページ数:6)

タイトル

タマネギべと病 生育ステージ別 必勝防除法

春は「葉身分岐部」をねらって出鼻をくじく

執筆者・取材対象: 田代暢哉



サンプル画像


見出し

●発生サイクルを理解する●一次感染対策が基本◎(1)土壌中の卵胞子密度を低下させる◎(2)抜き取りを徹底◎(3)苗床〜定植1カ月後までにCAA剤を散布●二次感染対策 葉身分岐部に薬液を付ける◎(1)感染部位を知る◎(2)薬液を確実に到達させるには…◎(3)残効が長いのはグリーンダイセンM、ジマンダイセン◎(4)CAA剤、QoI剤、QiI剤はジマンダイセンなどと混用◎(5)生育ステージで散布間隔を変える●残渣処理が大切