記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年6月号 152ページ〜157ページ(ページ数:6)

タイトル

スーパーコナガに立ち向かう

性フェロモン剤+殺虫剤混用で減農薬

執筆者・取材対象: 編集部・内田泰宏

地 域: 埼玉県北本市



サンプル画像


見出し

●キャベツが網戸みたいに!?●性フェロモン剤でコナガを減らす●殺虫剤の「最強」の組み合わせ●よく効く混用のワザ◎(1)コナガ以外の害虫も早めに叩く◎(2)カスケードを混ぜてグレードアップ◎(3)収穫前日まで使える農薬を選ぶ●土着天敵を守って減農薬