記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年6月号 52ページ〜55ページ(ページ数:4)

特集:こっそり読もう 今さら聞けない除草剤の話 きほんのき

タイトル

剤型の話

Q 粒剤やジャンボ剤、豆つぶ剤……田んぼの除草剤っていろいろあるけど、どれが一番効くの?

執筆者・取材対象: 山木義賢萩原拓重岡田彬成中川健一

地 域: 山形県高畠町茨城県龍ケ崎市宮城県大崎市



サンプル画像


見出し

●A 薬が田んぼ全体に広がりさえすれば、剤型で効果に違いはありません。大事なのは使い方です。●A 基本はジャンボ剤だけど、水持ちの悪い田んぼには粒剤を使います。●A 1ha田んぼでも、念入りに均平をとって水を深く張れば、豆つぶ剤がバッチリ広がる。●フロアブル剤、水口だけ効きが悪かった