記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年5月号 210ページ〜211ページ(ページ数:2)

タイトル

ナシ 摘心で樹が変わる

徒長枝が減れば多品目栽培できる

執筆者・取材対象: 藤田忠内

地 域: 福島県須賀川市



サンプル画像


見出し

●摘心が省力のポイント●摘心したら赤玉が出なくなった●花芽が増えて、せん定枝も減る●回数を分けて園地を回る