記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年4月号 281ページ〜289ページ(ページ数:9)

タイトル

農家の自家増殖が「許諾制」に!? しつこいようですが、種苗法改定に異議あり!

農林水産省知的財産課の話

執筆者・取材対象: 編集部



サンプル画像


見出し

●表示義務と海外流出防止◎「許諾制」移行は2022年度!?◎登録の有無を明示するよう義務付け◎「国内限定」「県内限定」の違反者に罰則◎自家増殖の許諾制移行は「抑止力」●許諾制度と許諾料◎例外品目なし、すべての登録品種が対象◎登録外品種や家庭菜園、F1は対象外◎許諾を得るまでの流れ◎許諾料はいくらになりそうか◎許諾がいらないケースも?◎民間の品種の許諾料は高額に?●契約と種苗法◎「契約」の乱用に要注意