記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年4月号 210ページ〜213ページ(ページ数:4)

タイトル

短果枝に成らせる極上のモモづくり(3)

発芽率の高い花粉を使ってしっかり結実させる

執筆者・取材対象: 秋山陽太郎

地 域: 岡山県総社市



サンプル画像


見出し

●葯が赤くなったら採取●24時間加温して開葯●花粉と増量剤を使い分ける●受粉は道具を変えて3回◎(1)梵天、毛ばたき◎(2)背負い動力散布機◎(3)SSに付ける受粉アタッチメント●開葯作業を共同にして省力化●満開から30日間は触らない