記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年4月号 168ページ〜175ページ(ページ数:8)

タイトル

イチゴをコンスタントにとる2人を追う(5)

2番果房の品質がよくなる樹姿

執筆者・取材対象: 編集部・黒川祥伸北見和弘

地 域: 栃木県宇都宮市



サンプル画像


見出し

●コンパクトな樹でおいしい大玉◎巨大イチゴ、その味は……◎2番果房からが勝負◎小さい葉と細かい根が理想◎チッソをだぶつかせない◎目指すは、甘くて酸味のあるイチゴ●株をムリに回復させるのは危険◎病気が減り、味もよくなる「えひめAI」◎電照はやりすぎ注意◎根張りが問題