記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年3月号 196ページ〜199ページ(ページ数:4)

タイトル

垂れ枝を毎年出させる三つの管理

垂れ枝の中玉ミカンづくり(下)

執筆者・取材対象: 編集部・吉川正則

地 域: 長崎県時津町



サンプル画像


見出し

●5月 有葉花摘蕾◎有葉花は大玉になりやすい●9月 大玉摘果◎大玉が多くて隔年結果◎5cm以上の果実を摘果●11月 夏秋梢と春芽の整理◎養分の切れ目で切る