記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年3月号 170ページ〜177ページ(ページ数:8)

タイトル

イチゴをコンスタントにとる2人を追う(4)

1番果房が不作、さてどうする?

執筆者・取材対象: 編集部・黒川祥伸北見和弘

地 域: 栃木県宇都宮市



サンプル画像


見出し

●追肥と保温で「ガッチリ株」に◎収穫が遅れてしまった◎「月のリズム」で追肥◎ゆっくり保温で根張り優先◎株を引き締める●天災と天候不順の「手当て」が必要◎台風被害で1番果房を半分近く廃棄◎不作の原因は、秋の高温と日照不足!?◎草丈が伸びすぎないように、サイドは徐々に閉める◎電照は使わない派だが……