記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年2月号 190ページ〜193ページ(ページ数:4)

タイトル

国産雑穀にますます需要あり

ソルガム ホワイト系&有色系品種で耕作放棄地解消

執筆者・取材対象: 井上格

地 域: 長野県長野市



サンプル画像


見出し

●耕作放棄地対策が始まり●高機能性・省力性に注目●小麦代替用としてのホワイト系●肉代替用としての有色系●有色系は獣害が比較的少ないが●現状、ほとんどが輸入●茎葉も余すことなく使える