記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年2月号 144ページ〜147ページ(ページ数:4)

タイトル

ドライでおいしさ引き立つ品種

干しイモ農家のワザ 品種ごとの熟成期間の見極め方

執筆者・取材対象: 金森行博

地 域: 静岡県富士宮市



サンプル画像


見出し

●干しても黒ずまない品種を求めて●熟成期間は品種によって違う●甘く色よく仕上げるコツ◎ともかく甘い「べにはるか」◎黄橙色が鮮やかな「ハヤト」◎甘みのある紫イモ「魚豚紫1号」◎滑らかな「シルクスイート」◎橙色が人気の「ベニキララ」●蒸かさないで煮る