記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年2月号 130ページ〜132ページ(ページ数:3)

タイトル

タネなしスイカでますます稼ぐ

スイカ直売40年、魅力あるタネなし品種が増えてきた

縞皮なら「ほお晴れ」

執筆者・取材対象: 阿部敬子

地 域: 山形県尾花沢市



サンプル画像


見出し

●スイカの直売40年●多彩な品種でお客さんをつかむ●魅力的なタネなし品種が出てきた●在圃性のよさも魅力の一つ●タネなしスイカはこんなスイカ