記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年1月号 204ページ〜207ページ(ページ数:4)

タイトル

摘採機で茶樹上の落ち葉を除去、収益も600万円アップ

執筆者・取材対象: 瀬戸山貴行

地 域: 宮崎県小林市



サンプル画像


見出し

●春先の大きな負担になっていた●専用機は高額すぎて手が出ない●摘採機を改造する方法を考案●さらにシンプルな2号機を開発●液肥散布で増収にもつながった