記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年1月号 70ページ〜77ページ(ページ数:8)

特集:畑も人も貧血!? 見えてきた鉄を効かせる方法

タイトル

貧血対策には鉄とタンパク

体の中で鉄はどうなる?

てつや先生の鉄学講座(2)

執筆者・取材対象: 編集部・野中鉄也



サンプル画像


見出し

●現代人は鉄分が不足しているんでしょうか?●61ページの坂内さんは、最初「鉄茶」を飲んでいたけど、農繁期に貧血の症状が出てしまったようですが……。◎代謝の上昇に栄養補給が追い付かない◎朝食のコーヒー代わりにボーンブロススープ◎コラーゲンがつくれる体になる●体が鉄を吸収する仕組みはどうなっているんでしょう?◎鉄が野菜のアクや苦みを消す◎ハチミツでコーヒーがすっきり味に◎小腸の壁にへばりついて、鉄を渡す!?●体内に補給された鉄はどんな働きをするのでしょう?◎ミトコンドリアでエネルギーを作り溜め◎2価が3価の鉄になり、化学反応が進む◎ミトコンドリアが動けばきれいに痩せる◎植物もラクに、長く生きられる