記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年1月号 61ページ〜65ページ(ページ数:5)

特集:畑も人も貧血!? 見えてきた鉄を効かせる方法

タイトル

貧血対策には鉄とタンパク

鉄のお茶と獣肉、プロテインで回復できた

微熱、だるい、朝起きれない… 農繁期の貧血症状

執筆者・取材対象: 坂内謙太郎

地 域: 京都府南山城村



サンプル画像


見出し

●1日1回、鉄のお茶を飲む●ヘモグロビンの値は低かったが、放置●鉄剤を飲んでもだるさが抜けない●プロテインや骨のだしで、タンパク摂取●タンパク不足で鉄分を使えない体に!?