記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2019年10月号 78ページ〜79ページ(ページ数:2)

特集:連作障害ってホントはなに?

タイトル

連作障害の正体にもっと迫る

サツマイモに連作障害が出た畑を、食品残渣で復活させた

やっぱり土壌消毒のせい!?

執筆者・取材対象: 小松義人

地 域: 高知県室戸市



サンプル画像


見出し

●イモが腐り、離農も考えた●微量要素を供給する土着微生物●サツマイモの品質、収量がアップ●緑肥をすき込むときに混ぜる