記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2018年4月号 334ページ〜347ページ(ページ数:14)

タイトル

農水省にも種苗業界にも話を聞いたけど、やっぱり「農家の自家増殖、原則禁止」に異議あり!

執筆者・取材対象: 編集部



サンプル画像


見出し

●自家増殖原則禁止が世界基準 農水省の言い分◎海外への品種流出を防ぎたい◎品種ブランドの低下を防ぎたい◎禁止品目は今後も毎年追加する●タネや苗は毎年買ってほしい 種苗業界の言い分◎多くの零細な品種育成者を守りたい◎海外で無断増殖して逆輸入される場合もある●自家増殖を禁止しないと問題解決しないのか 『現代農業』からの疑問◎自家増殖禁止で新品種の流出は防げるのか◎種苗法をちゃんと周知すればいい◎登録品種がわかりにくい◎自家増殖は「農民の権利」それもグローバルスタンダードだ◎育成者権は守る、農家の自家増殖も守る●種苗法を世界基準に合わせたい農水省●農家に認められた「自家増殖の原則自由」