記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2018年4月号 226ページ〜229ページ(ページ数:4)

タイトル

果樹 農家の、農家による、農家のための苗木

田中式ミカンの苗木は大豆・トウモロコシでつくる

定植後2年で収穫開始

執筆者・取材対象: 編集部・古賀克支

地 域: 福岡県久留米市



サンプル画像


見出し

●田中さんと一緒につくった苗木●芽かき不要でラクにできる●台木の枝が横に寝る●チッソを減らして徒長させない●農家の懐を暖める苗木を●これが田中式の苗木の姿