記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2018年4月号 118ページ〜123ページ(ページ数:6)

特集:密播・密植に動きあり

タイトル

ハウスの環境制御 密で限界突破に挑戦

夏秋長期どり大玉トマトで10a29t達成 現在の標準栽植密度は疎植すぎる!?

執筆者・取材対象: 藤尾拓也



サンプル画像


見出し

●土地1m2当たりの葉の総面積●標準栽植密度では疎植すぎた●葉を増やせばいいわけじゃない●株間は詰めずにベッド数を増やす●ハウス内が涼しくなる●増やしすぎは禁物