記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2018年1月号 58ページ〜65ページ(ページ数:8)

特集:もっと上手に もっと大量に モミガラくん炭最前線

タイトル

図解 そもそも、くん炭ってなに?

執筆者・取材対象: 編集部



サンプル画像


見出し

◎モミの2割がモミガラで、8割が玄米◎くん炭をやく方法、3つ○くん炭製造器○保米缶やき○野焼き●くん炭の特徴ってなに?◎ガンメタリックに輝く◎排水性も、保水性もよくなる◎高pHのアルカリ資材◎ケイ酸がいっぱい◎ケイ酸効果の簡易測定も可能に●くん炭をうまく使う方法は?◎やっぱりくん炭育苗○野菜苗や花苗のくん炭育苗に○イネの育苗培土にも使える○高pHなのに、イネの育苗に使っていいの?◎くん炭で病気・害虫に強くなる○独特のニオイを嫌ってアブラムシが寄ってこない○ネギのくん炭育苗殺菌剤なしでも病気なし○モミガラくん炭で子牛の下痢予防●微生物はくん炭が好き?嫌い?◎種こうじの培養に灰のアルカリを利用◎レタス苗にくん炭覆土すると、不思議な効果が表れる◎炭の音波、超音波が微生物を元気にする!?◎くん炭好きの微生物が病原菌に対抗