記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2017年7月号 74ページ〜81ページ(ページ数:8)

特集:とるぞ 稼ぐぞ 食べるぞ エダマメに乾杯!

タイトル

エダマメ 多収のワザ

Q&A うまいエダマメを多収するポイント

執筆者・取材対象: 編集部・小野長昭



サンプル画像


見出し

●Q ズバリ、多収のポイントはなんですか? A まずは倒伏させないことです◎先生、ボクいつも200kgしかとれないんです。なんででしょう?◎そうか。倒しちゃうからとれないんですね。それなら、倒伏を防ぐにはどうすればいいんですか?◎摘心はいつやったらいいんですか?◎土寄せか摘心で、倒伏はもう怖くないですね!●Q 花が咲いても莢にならずに落ちてしまうんですが…… A かん水と追肥で着莢率を上げて、莢を充実させることです◎倒さないコツはわかりました。これで多収できそうです。ありがとうございました!◎水が大事なんですね。かん水のポイントはありますか?◎根粒菌がつくのに、施肥も大事なんですか?●Q 「収穫適期」が短いのはなぜ? A 品種によって「おいしい大きさ」があるんです◎おいしいエダマメを多収するポイントがばっちりわかりました。さー、やるぞ!◎収穫後のエダマメのおいしさも、落ちやすいんですよね?●うまいエダマメを多収するポイント