記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2015年8月号 119ページ〜125ページ(ページ数:7)

タイトル

いい米とるにはやっぱり穂肥が欠かせない

動散バラ播き直播で、一等米を一〇俵とる穂肥術

執筆者・取材対象: 編集部・大森尚孝

地 域: 岡山県赤磐市



サンプル画像


見出し

●播種は適当でも追肥の手間は惜しまない●一見とれそうには見えないが…●長い止葉、大きな穂をつける施肥法◎出芽後しばらくは寂しい田んぼ◎直播でポット苗疎植に近づける◎葉色を維持する少量追肥●品種の性格に合わせた穂肥◎にこまる 早めの穂肥で粒数確保◎アケボノ 安全穂肥で倒伏防止●猛暑続きでは遅めの穂肥も必要●追肥をラクにする四つの工夫◎(1) ひねり雨どい噴口◎(2) 肥料を一五kgずつに小分けする◎(3) 単肥を使い分ける◎(4) 田んぼごとの散布量を表にする