記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2011年10月号 194ページ〜199ページ(ページ数:6)

タイトル

薬剤に頼らない 最新土壌病害克服法 緑肥を使う

ピリッと辛い成分が効く、薫蒸作物をうまく使うコツ

執筆者・取材対象: 橋爪健

地 域: 東京都



サンプル画像


見出し

●「薫蒸作物」とはあまり聞き慣れない言葉ですが、どういう意味ですか?◎殺菌作用のあるガスを発生◎世界でも研究が進んでいる●アブラナ科ならどんな作物でもいいですか?◎辛味成分の強いチャガラシが有効●他の緑肥よりすぐれている点は?◎外で栽培して持ち込める●どのような土壌病害に効きますか?◎ピシウムやリゾクトニアには効果大○ホウレンソウ萎ちょう病(フザリウム菌)○テンサイ根腐病(リゾクトニア菌)○トマト青枯病(細菌病)●センチュウには効きますか?◎冬場のセンチュウ対策には効果あり●効果的なすき込み方法は?◎細かく裁断、高温で水分が多いほど効果が出る●栽培適地は?◎アブラナ科連作ではやめたほうがいい