記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年8月号 62ページ〜69ページ(ページ数:8)

特集:光合成細菌&納豆菌・乳酸菌・酵母菌

タイトル

田んぼで畑で、有機物が多いところで力を発揮 光合成細菌は根に効く味に効く

根に悪い物質を極上アミノ酸肥料に変える、光合成細菌

執筆者・取材対象: 編集部・田中信夫

地 域: 愛知県



サンプル画像


見出し

●もとは田んぼの土着菌●トマトがおいしくなってコナジラミが消えた●「樹ぶり」が変わった●光合成細菌入り活性菌液●アミノ酸・核酸の効果と嫌気に強い菌の力?●サラダゴボウ、一〇a七〇万円●有機物と作物のあいだに「いい微生物」が必要だ