記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2006年4月号 100ページ〜105ページ(ページ数:6)

特集:タネ・苗 いじめて強化大作戦

タイトル

最新研究

ストレスが生育を活性化するしくみ

「毒」がクスリになる

執筆者・取材対象: 小川健一



サンプル画像


見出し

●活性酸素で植物が元気になる●種子の発芽率が高まる、その後の生長も促進●活性酸素の生理作用に欠かせないグルタチオン●グルタチオン合成には活性酸素が必要●低温刺激で活性酸素が生成、グルタチオン合成も進む●適度なストレスが、病虫害・悪天候に強い植物をつくる