記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2006年1月号 102ページ〜106ページ(ページ数:5)

特集:灰―究極のミネラル

タイトル

自然農薬に肥料に灰をつかう

いま、田畑には灰が不足している

執筆者・取材対象: 薄上秀男



サンプル画像


見出し

●灰とはミネラルが凝縮されたもの●昭和前半頃、作物は病気に強かった●ものを焼かなくなってから、日本の田畑はミネラル不足●野焼きで病害虫は死に、善玉菌は活性化する●腐敗型土壌に寄るカブラヤガやカメムシにも、灰●微生物を増やす灰、深くに入れても大丈夫