記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2005年10月号 114ページ〜121ページ(ページ数:8)

特集:耕し方で変わる─水と微生物を味方につける

タイトル

土ごと発酵 成功のための耕し方

生きものいっぱいの田は肥料がいらない

秋に米ヌカをまいて、水をためた不耕起田

執筆者・取材対象: 編集部・藤崎芳秀

地 域: 千葉県



サンプル画像


見出し

●4月7日。田植え約20日前―冬期湛水でトロトロ層ができていた●6月10日。田植え約40日後―田んぼはまるで生きものの楽園●7月7日。最高分けつ期のころ―米ヌカ50kgだけなのに色も落ちない