記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2005年6月号 237ページ〜239ページ(ページ数:3)

タイトル

困った病害虫対策相談室 2005年版

オオタバコガ

執筆者・取材対象: 川合康充



サンプル画像


見出し

●フェロモントラップ調査だけでは適期を逃してしまう●オオタバコガの好物、ミニトマトで産卵を調査●雄成虫誘殺ピークの10〜14日前が適期だった●指標作物としてのミニトマト利用、その他の注意点