記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2005年4月号 320ページ〜327ページ(ページ数:8)

タイトル

民間天候予測2005

平穏無事の年ではない、凶作の恐れもあり

金星周期、五気や過去のデータから判断 齊藤善三郎さんの天候予測

執筆者・取材対象: 編集部・齊藤善三郎

地 域: 福島県保原町



サンプル画像


見出し

●民間天候予測は7、8割当たる●春は地温が上がらず遅い◎太陽黒点の増減を金星周期で見る◎春が遅いから作業はゆっくり、低温じっくり育苗で●5月下旬から、大雨・洪水・集中豪雨に注意●今年は「金多兵乱」の年で、盆過ぎにやませ?◎過去の似たような年の天気はどんなだったか?●天気はめぐるもの その規則性を突き止める