記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2003年7月号 140ページ〜149ページ(ページ数:10)

タイトル

この時代、やるっきゃないのだ 減農薬・減化学肥料

緑肥、農薬選び、予察も駆使して北海道・南空知タマネギ産地の「クリーン農業」最前線

執筆者・取材対象: 編集部・栗山町玉葱振興会

地 域: 北海道栗山町



サンプル画像


見出し

●残効の長い農薬と発生予察で農薬を半分に減らす◎白斑葉枯病は残効の長い農薬で◎ネギアザミウマは予察で2回に●排水性改良で乾腐病が減る、急速に伸びる緑肥・ヘイオーツ◎ヘイオーツで春先の畑が早く乾く◎多湿条件でのすき込みは逆効果●減化学肥料へ強力な助っ人秋小麦間作クローバ◎チッソはどのぐらいが適正か◎「畑でできる速成堆肥」◎「ルートカルチャ」で病害防除、環境保全◎小麦間作クローバの実際◎「チッソ10kg」も見えてきた