記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2003年1月号 87ページ〜96ページ(ページ数:10)

タイトル

食味アップの方法は「追肥を控える」だけじゃない

石灰と苦土を効かせて、「白い根」でおいしい米

pH調整で「ミネラル稲作」

執筆者・取材対象: 編集部・久保田義信

地 域: 長野県伊那市



サンプル画像


見出し

●タンパク5.3%の米●根は白いほうがいいのか?●白い根の秘密その(1)土の中を還元にしない◎硫化水素のガスわきから根を守る◎秋に米ヌカまいて、半不耕起●白い根の秘密その(2)石灰と苦土を効かせる◎目安はpH6.5◎酸性が強いと鉄が溶けて、赤い根になる◎石灰は根づくり、苦土は葉づくり◎石灰と苦土は、だいたい3対1で