記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2001年6月号 322ページ〜327ページ(ページ数:6)

タイトル

木酢・ハーブ資材で無農薬栽培

木酢は「成分の複雑さ」を活かして使う

執筆者・取材対象: 木嶋利男



サンプル画像


見出し

●木酢液の本当の姿●木酢液の基本的な特徴◎濃度によって生物反応は異なる◎純度・樹種によるちがい●木酢は単純化した微生物相を多様化するためのエサ●濃度によって生育に対する効果は異なる