記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2000年11月号 214ページ〜220ページ(ページ数:7)

タイトル

中熟堆肥を表層での土ごと発酵で活かす

執筆者・取材対象: 編集部・西文正

地 域: 大分県緒方町



サンプル画像


見出し

●サクサク土とズブズブ土の違い●サクサクの層は発酵熱による乾燥と微生物の出す分泌物からなる●堆肥は完熟である必要はない、中熟のほうが微生物がよく働く●表層でいい菌を殖やしてから深く入れる●未熟堆肥しか手に入らなかったら?