記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1997年12月号 306ページ〜311ページ(ページ数:6)

タイトル

畜産で頑張る土着菌 環境改善に微生物利用のネットワーク拡大中

田んぼと堆肥から採った菌が畜産農家で大活躍

消臭・スカム減少・良質堆肥に役立つ、光合成細菌と耐熱性バチルス菌

執筆者・取材対象: 佐藤義次



見出し

●臭い対策に土着の微生物利用が急拡大中●水田で捕まえた光合成細菌●良質堆肥をつくるバチルス菌を分離●悪臭をカットする光合成細菌●消臭、良質堆肥つくりにバチルス菌が役立つ●光合成細菌は安全でO―157も抑制●わかりやすくて極めて安価、それが急拡大の理由