記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1997年10月号 301ページ〜305ページ(ページ数:5)

タイトル

窯の作り方から、焼き方、利用法まで 今までなかった炭焼き指南・炭活用

畑にどんどん炭を入れて、低温に強い、減肥できる、無農薬の野菜を作る

執筆者・取材対象: 水口文夫



見出し

●低温被害を炭で乗り切る●真夏のポリマルチ除去作業なんてやりたくない●紙マルチ使用の地温上げには炭マルチ●炭施用のカボチャは、施肥量3割減●追肥も今までの2回から1回に●ソーラー育苗で無農薬可能か