記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2009年4月号 44ページ〜49ページ(ページ数:6)

タイトル

農家が「先生役」の「教育ファーム」で地域が元気になる

執筆者・取材対象: 農文協論説委員会



サンプル画像


見出し

●「教育ファーム」の成果「カレーライスパン」とは?●北海道の農業地帯でも、都市近郊でも●「教育ファーム」は何をめざすのか◎教育ファームは「食育」の場である。◎教育ファームは「体験学習」の場である。◎教育ファームは「気付き」の場である。◎教育ファームは「変容・結びあい」の場である。●応援したい、小中学校の「体験型学習」◎「生活科」…継続的な飼育・栽培への改訂◎「総合学習」…「地域学習」「生産活動」にシフト◎「栄養教諭」の地域連携型食育の推進●「生物育成」で困っている中学校「技術科」の先生●「深い学び」につながる工夫へ『現代農業』『食農教育』の活用を