記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1986年9月号 174ページ〜177ページ(ページ数:4)

タイトル

農家の法律相談

再び追究 農業者年金(3)

「カラ期間」通算措置で農業等団体の役員に安心してなれるようになった

執筆者・取材対象: 編集部



見出し

●農業等団体の役員になっている期間も加入期間として算入●現在、農協組合長2期目のMさん(60歳)のばあい◎「カラ期間」はこうやれば認められる◎組合長在任中に息子に経営を移譲◎「カラ期間」の適用を受けたときの経営移譲年金の給付額