記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2009年12月号 326ページ〜331ページ(ページ数:6)

タイトル

「新規需要米」で農家が米の需要を増やす

高アミロース米「越のかおり」を石臼水挽き 農商工連携で新しい米麺

執筆者・取材対象: 西村良平所山正隆小酒井武夫

地 域: 新潟県上越市



サンプル画像


見出し

●それは台湾での出会いから始まった●米の麺に向く高アミロース新品種「越のかおり」●脱コシヒカリ、多品種栽培へ●越のかおり栽培のポイント◎(1)多収を狙える◎(2)できるだけ遅刈り◎(3)翌年の米に混じる心配はない●石臼挽きの米粉で半生麺●二年目の今年は一ha、契約量五六tに拡大