記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1994年5月号 196ページ〜200ページ(ページ数:5)

タイトル

田んぼの環境創造力(13)

もう一度考えてみよう、草とのつきあい方

執筆者・取材対象: 宇根豊



見出し

●収量が上がると除草が問題になる●草からの強迫観念●必死でとる草と気にしない草●草を食べてくれる生き物●除草剤に対する幻想◎除草剤を1年休んでみたら◎1反に3kgも必要ない◎気づかない薬害◎生き物への影響◎汚染の心配◎ジャンボタニシは「稲守貝」●濁り水の力に注目