記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1986年6月号 56ページ〜66ページ(ページ数:11)

タイトル

虫も病気もこの手で減らせる「自然農薬」

自然と生きる野菜教室(2)

自家用野菜ならこれでOK!販売野菜も試してみよう 自然農薬、自然流防除

執筆者・取材対象: 古賀綱行

地 域: 熊本県清和村



見出し

●葉露、梅の咲き方、萩の咲く時期、病虫害とどんな関係が?◎病虫害を出したければ葉露を落とし続けてみよう◎草木で知るその町その村の天気予報◎天気予報で変える、まきどき、ウネ立て、仕立て方●効果は農薬の80%、副作用、後遺症ともになし◎「自然農薬」の代表選手、何にでも使える草木灰○ダイコン○ハクサイ○ゴボウ○ニンジン○ウド○ジャガイモ◎難防除の虫や病気もこの自然農薬で防ぐ○ネキリムシ、ヨトウムシ○チョウやアリ○アブラムシ◎土壌センチュウ○キュウリやトマトのリンモン病○ベト病、サビ病○ナスの連作障害○ナスのしおれ●土壌消毒より「自然酵素堆肥」を◎天然自然の微生物や酵素を利用◎誰にもできる自然酵素堆肥