記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1988年4月号 80ページ〜83ページ(ページ数:4)

特集:農産物輸入圧力をはね返す 新・国産時代の食べ方と生産が生まれている

タイトル

「日本の誇る健康食」豆腐、納豆までアメリカ大豆にまかせておいてよいのか

執筆者・取材対象: 堀口健治



見出し

●大豆研究はアメリカ主導へ●国産大豆を上手に使わない世界最大の大豆輸入国日本●食品用大豆も9割が輸入依存●国産大豆も工夫次第で需要先はふえる◎国産大豆のしょう油、豆腐を待っている消費者も多い◎地元の農家と組む豆腐屋も●アメリカも納豆用小粒大豆の導入の努力