記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2012年10月号 204ページ〜212ページ(ページ数:9)

タイトル

土質や堆肥の熟度で使い方を変える 三者三様の堆肥稲作

執筆者・取材対象: 編集部・佐々木学佐々木忠雄大内一也

地 域: 宮城県栗原市



サンプル画像


見出し

●地域ぐるみで堆肥稲作●完熟派?中熟派?●大内一也さん 完熟堆肥と速効性肥料で失敗のない堆肥稲作◎完熟堆肥が使いやすい◎初期生育を速効性肥料で補う◎流し込み施肥が流行中●中熟堆肥で思いっきり効かせる●佐々木忠雄さん 堆肥+鶏糞、一〇a一五〇円で九俵とる◎気温に左右されないために深耕◎鶏糞の少量追肥で茎を硬く●佐々木学さん 育苗が終われば施肥はそれっきり◎浅くすき込むのは作業がしやすいから◎苗箱全量施肥と堆肥は似ている