記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1999年10月号 209ページ〜215ページ(ページ数:7)

タイトル

たまった養分は、菌に食わせるのが一番!

中熟堆肥の土中発酵で、1年で過剰養分がなくなった!

執筆者・取材対象: 編集部・池松正章

地 域: 熊本県



見出し

●えーっ? すべてが過剰?●CECを大きくするには堆肥?ゼオライト?●微生物を増やそう●中熟堆肥で土中発酵●微生物が食べてくれた!●ボカシ100%で施肥していけば、過剰になることは、あり得ない