記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1996年10月号 166ページ〜168ページ(ページ数:3)

タイトル

入手した家畜ふんを熟成、極上堆肥にかえる

光るミミズを育てる 切返しなしでできる木酢・炭入り堆肥

執筆者・取材対象: 後藤武木村栄造木村百合子

地 域: 鳥取県米子市



見出し

●手づくり料理店の素材を支える牛ふん堆肥●半年野ざらし、その後半年で完熟堆肥に●切返しなしでできる完熟堆肥●金色に光るミミズが発生●堆肥と資材との併用で年々畑がよくなる