記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1990年1月号 302ページ〜306ページ(ページ数:5)

タイトル

根菜の障害、病害を斬る(4)

ネマトーダの土壌消毒効果が下がっているのはなぜか

執筆者・取材対象: 萩谷俊一



見出し

●深耕にともないセンチュウが深く分布◎サツマイモ跡地の例◎ゴボウ跡地の例◎深い部分のセンチュウは殺せず大被害の原因になる●7〜8月期の土壌消毒の落とし穴は高地温●冬季の土壌消毒は効果はない●薬剤の選択を誤っていないか