記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年11月号 142ページ〜145ページ(ページ数:4)

タイトル

緑肥稲作最前線レポート2008 見学者とのQ&A

執筆者・取材対象: 赤木歳通

地 域: 岡山県岡山市



サンプル画像


見出し

●ちょろ出来緑肥、雑草緑肥も定着してきた●ムギ類なら四月播きでも間に合いそう◎これは何播いているの?◎いつごろ緑肥の種子は播くの?◎真冬に播いてもいいんですか?◎秋から生えるスズメノテッポウは使えませんか?◎いつ頃すき込みますか?◎代かきのやり方を教えて。◎こんなに疎植で大丈夫なん?◎何日苗を植えるのですか?◎水が濁っているし、土がトロトロですね。◎なぜこんなに株が開くのですか?◎このイネでどのくらいとれますか?◎元肥は、緑肥の播種前に鶏糞三〇〇kgとのことですが、追肥はどうしてます?◎鶏糞だけ? リン酸やカリは?◎赤木さんの稲作って楽しそうですね。◎「ロータリの一発すき込み」って、こんな大きなカラシナが巻き付かないの? モアーを持ってないので心配です。