記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年11月号 136ページ〜140ページ(ページ数:5)

タイトル

鶏糞稲作大流行

鶏糞で「白い根」稲作

秋散布でワラ分解、春は早めの散布で初期から効かせる

執筆者・取材対象: 中坪宏明

地 域: 長野県駒ヶ根市



サンプル画像


見出し

●圃場整備後のリン酸欠乏を鶏糞で補う●秋の発酵鶏糞散布でガスわきは九割防げる●光合成細菌も流し込み白くて太い健全な根をつくる●早めの散布と早めの入水で田植え直後からじわじわ効かせる●カリ過剰には気をつける