記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2009年9月号 198ページ〜203ページ(ページ数:6)

タイトル

リンゴ、モモ、ラ・フランス 灰汁があれば葉面散布剤はいらない

執筆者・取材対象: 編集部・渡辺誠一

地 域: 山形県大江町



サンプル画像


見出し

●キュウリの葉っぱがとんでもなく大きくなった●リンゴの葉が硬くなって立つ葉摘みもラクラク●一四玉中心の大玉でもビターピットなし、日持ち抜群●木灰は廃ホダ木を燃やしたもの●五〇〇〜一〇〇〇倍で一作に七〜八回かける●カルシウム、微量要素のおかげ!?