記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』花卉編 第6巻 本体+48の2〜本体+48の16(ページ数:15)

キク(クリサンセマム)>共通編>経営戦略と今後の課題>栽培特性と経営上の課題

アジア諸国におけるキク産業とその影響,課題

開始ページ: 本体+48の2

執筆者: 菊池和則

執筆者所属: 株式会社デリフロールジャパン

備 考: 執筆年 2016年

記事ID: h196004z



見出し

  (1) アジア諸国におけるキク切り花 ・・・〔1〕
  (2) 栽培方法の違い
  (3) 国別の生産動向 ・・・〔3〕
   (1)マレーシア
   (2)ベトナム ・・・〔5〕
   (3)中国 ・・・〔6〕
   (4)韓国
   (5)台湾 ・・・〔7〕
   (6)フィリピン ・・・〔8〕
   (7)スリランカ
   (8)インドネシア ・・・〔9〕
   (9)タイ
  (4) 日本を取り巻く情勢と今後の課題 ・・・〔10〕

キャプション

第1図 キク切り花生産農場(オランダ)
第1表 キク切り花の栽培方法の分類
第2表 栽培方法の分類による比較データ
第2図 パハン州キャメロンハイランド(マレーシア)
第3図 キク切り花生産農場(マレーシア)
第4図 政府の取締まりにより破壊されたキク切り花生産農場(マレーシア)
第5図 ランドン省ダラット(ベトナム)
第6図 キク切り花生産農場(ベトナム)
第7図 外資系大規模農場(ベトナム)
第8図 公営農場KMG,のちGINCO(韓国)
第9図 キク切り花生産農場:施設栽培(台湾)
第10図 キク切り花生産農場:露地栽培(台湾)
第11図 キク切り花生産農場(スリランカ)
第12図 バンコクの花問屋の店頭に並ぶマレーシア産切り花(タイ)
第13図 キク切り花生産農場:チェンマイ小規模農家(タイ)
第14図 キク切り花生産農場:チェンラーイ小規模農家(タイ)
第3表 キク切り花出荷量(単位:千本)
第4表 国産キク切り花出荷量と輸入切り花数量(単位:百万本,1995〜2015年)
第15図 国産切り花出荷量と輸入キク切り花数量との比較(1995〜2015年)
第16図 国別切り花輸入本数(2011〜2015年)
第5表 国別キク切り花生産動向一覧